SAR Sensor

Synthetic Aperture Radar (SAR) 合成開口レーダ(SAR)

Josaphat Laboratory (JMRSL) develops our original Circularly Polarized Synthetic Aperture Radar (CP-SAR) for unmanned aerial vehicle (UAV), aircraft and microsatellite. We developed and operated L, C and X bands SAR sensor. We did some flight tests in Hinotori (Firebird) Mission to investigate the performance of our SAR system. The flight test of C band CP-SAR onboard Cessna 172 and CN235 aircrafts was been done at Indonesia by Hinotori C1 and C2 missions in 2017 and 2018, thats was successfully to generate our first Circular Polarized images. X band SAR onboard Boeing 737-200 was tested at Indonesia in August 2017 in Hinotori-X1 mission, and successfully got the wide area long range (WALR) image that could be implemented to monitor disaster area. These overseas flight tests were under permission of Japanese Ministry of Economic, Trade and Industry.

ヨサファット研(JMRSL)が無人航空機、航空機、小型衛星に搭載するために、独自に円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を開発しています。このSARシステムがL、C、Xバンドで動作しています。当研究室がヒノトリ(HinotoriまたはFirebird)ミッションでSARシステムの性能確認をしました。まず、インドネシアにて2017年8月と2018年3月にヒノトリC1とC2では、セスナ172機とCN235機でCバンドのCP-SARセンサの飛行実証実験をして、世界初の円偏波画像を取得したことに成功しました。そして、ヒノトリX1でXバンドのSARセンサ搭載Boeing 727-200機の飛行実証実験が2017年8月にインドネシアにて行い、広域長距離のXバンド画像を取得に成功して、今後高精度・詳細の災害監視ができると期待しています。この海外飛行実証実験が日本国政府経済産業省の許可で実施しました。


図1.2018年3月2日~18日にインドネシアにてCP-SAR搭載CN235航空機のひのとり-C2ミッション
Figure 1. CP-SAR system onboard CN235 in Hinotori-C2 mission on 2-18 March 2018 at Indonesia


図1.2018年3月2日~18日にインドネシアにてCP-SAR搭載CN235航空機のひのとり-C2ミッションの初画像
Figure 2. First CP-SAR image in Hinotori-C2 mission on 2-18 March 2018 at Indonesia

 

図3.Xバンド合成開口レーダ搭載航空機の開発・Boeing 737-200による実証飛行実験 (Hinotori-X1ミッション)
Figure 3. Development of X Band SAR onboard Aircraft and flight test by Boeing 7372-00 (Hinotori-X1 Mission)

図4.ヨサファット研(JMRSL)独自の無人航空機・航空機搭載用Cバンド合成開口レーダ(SAR)システムの開発・インドネシアでのセスナ機172による飛行実証実験 (Hinotori-C1ミッション)
Figure 4. Development of Josaphat Laboratory (JMRSL) original C Band synthetic aperture radar (SAR) system for unmanned aerial vehicle and aircraft, flight test by Cessna 172 at Indonesia (Hinotori-C1 mission)

CP-SAR System  
図5.無人航空機・航空機搭載用Lバンド合成開口レーダ(SAR)システムの開発・無人航空機(UAV)搭載実験
Figure 5. Development of L Band synthetic aperture radar (SAR) system for unmanned aerial vehicle and aircraft, flight test by UAV

Josaphat Laboratory develops our original synthetic aperture radar (SAR) sensor called Circularly Polarized Synthetic Aperture Radar (CP-SAR) for Earth observation, especially disaster monitoring in the future. Above figure shows our chirp pulse generator that realized by using FPGA. We will employ this sensor for our unmanned aerial vehicle (UAV), JX series and microsatellite GAIA series.

ヨサファット研では、次世代地球観測用の円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)センサを開発しています。上記の図が、当研究室に開発されたFPGAによるCP-SARのチャープパルス発生器とRFシステムです。このセンサが当研究室の大型無人航空機(JXシリーズ)と小型衛星(GAIAシリーズ)に搭載する予定です。

20140509groundtest

図6.マレーシア・マルチメディア大学と共同で開発された無人航空機搭載用の合成開口レーダの地上実証実験を行った。本事業がJICA-JST ODA SATREPSプログラムによって、本研究室のマイクロ波技術が東南アジア諸国に提供して、地球表層の観測、災害監視などに活用できます。
Figure 6. Ground test or point target test of our Synthetic Aperture Radar (SAR) system for Unmanned Aerial Vehicle (UAV) collaborate with Multimedia University, Malaysia under JICA-JST ODA SATREPS Program, 9 May 2014. We contribute our SAR technology for South East Asian countries for Earth surface and disaster monitoring using microwave technologies.