PS-InSAR

Permanent Scatterer Interferometric Synthetic Aperture Radar (PS-InSAR)

Tokyops85persen

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヨサファット研では、世界における都市域における地殻変動を高精度に(精度年間mm~cmの変化)を合成開口レーダを活用して観測しています。本研究では、LバンドのALOS PALSARデータをはじめ、XバンドのTerraSAR-Xデータを使用しています。上記の画像がPS-InSAR手法による都内における地殻変動結果を示している。今後、日本の人工衛星ALOS-2 PALSAR-2を使用して、本研究を継続する。

Josaphat Laboratory analyzed land deformation in many capitals in the world using Permanent Scatterer InSAR or PS-InSAR using ALOS-PALSAR and TerraSAR-X data. Left picture shows the land deformation occured at Azabu city of Tokyo using PS-InSAR of TerraSAR-X data.

Acknowledgment : TerraSAR-X images is provided under collaboration of Josaphat Laboratory and PASCO.

 

GarudaGiantSeaWall3

ヨサファット研がジャカルタ巨大堤防プロジェクトにおける環境変化を1912年のデータから現在の環境データを使用して検討しています。また、ジャカルタ市内における地殻変動を観測するために、ALOS PALSARデータをはじめ、JERS-1 SAR、TerraSAR-Xデータを使用しており、地殻変動を詳細かつ高精度(数mm~cm)で変化を解析しています。

Josaphat Laboratory investigates the study on environmental impact of Jakarta Great Sea Wall using old map (1912 etc), high resolution satellite images (1960s to now), synthetic aperture radar (JERS-1 SAR, ALOS PALSAR and TerraSAR-X) to produce high accuracy of land deformation around the study site. We also will employ our two microsatellites to investigate this area to get the environment for people in great Jakarta area in the future.

Lapindo_900center

ヨサファット研では、ALOS PALSARデータを活用して、PS-InSAR手法によってインドネシア・シドアルジョ市内における泥噴出事故による地殻変動(地盤沈下と隆起)の速度を精密に観測したことができた。その結果から年間数ミリ~センチの変化を観測したことができた(上記の画像を参照)

Josaphat Laboratory monitors the land deformation at Lapindo – Sidoarjo hot mud flow accident, Indonesia. We employ PS-InSAR technique to analyze ALOS PALSAR data and we got velocity of subsidence with accuracy mm to cm / year as shown on figure above. We also monitor some capital cities in the world using the same technique.