DInSAR

ヨサファット研では、大都市における地殻変動(地盤沈下、隆起等)、火山噴火などによる災害地域の被害推定のために、微分干渉合成開口レーダ(DInSAR)、永久散射体による干渉合成開口レーダ(PS-InSAR)などの手法で解析をした。

Josaphat Laboratory (JMRSL) analyzes land deformation area using Differential Interferometric Synthetic Aperture Radar (DInSAR), Persistent Scatterers Interferometric Synthetic Aperture Radar (PS-InSAR) etc to estimate damage estimation caused by land deformation in the cities caused by land subsidence, up-lift etc, volcanic eruption etc.

Tokyo
図1.  DInSAR手法による東京都内における地殻変動を数センチメートルの精度でALOS PALSAR(レーダ画像)で解析した結果
Fig.1. Analysis result of land deformation in Tokyo city with accuracy in centimeters

TokyoPSInSARTerraSARX
図2.  PS-InSAR手法による東京都内における地殻変動の速度でALOS PALSAR(レーダ画像)で解析した結果(青色:地盤沈下年間最大6cm、赤色:隆起または開発地:年間最大7cm)
Fig.2. Analysis result of land deformation velocity in Tokyo city using PS-InSAR (Blue color: Subsidence with maximum 6 cm/year, Red color : uplift/developed area with maximum 7cm/year)