Clean Room

小型衛星開発用簡易クリーンルーム

 cleanroom Josaphat laboratory has simple clean room with size L7m, W5m, H3m for microwave sensors onboard microsatellite development. In FY 2013 to FY 2016, Josaphat Laboratory develops two microsatellite (GAIA-I and GAIA-II) for Ionospheric and global land deformation. GAIA-I is 50 kg class of microsatellite with payload is GNSS Radio Occultation (RO), Electron Density Probe (EDP) and Electron Temperature Probe (ETP) for Ionospheric observation. GAIA-II is 70 kg class of microsatellite with payload is our original circularly polarized synthetic aperture radar (CP-SAR) for global land deformation monitoring. This clean room was designed for large antenna deployment test too. This project is supported by Japanese Government National Budget (Special Budget for Project) FY 2013, “Integrated Earth Environment Diagnosis Program : Continental Scale Land Deformation Observation using Small Satellite Constellation,” PI: Prof. Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 1 April 2013 – 31 March 2017.ヨサファット研の簡易クリーンルームが寸法L7m, W5m, H3mで、マイクロ波センサなどを搭載する小型衛星を開発するために、構築しました。ヨサファット研が、平成25年度~平成28年度に電離層とグローバル 地殻変動を観測するための2基の小型衛星(GAIA-IとGAIA-II)を開発しています。GAIA-Iに掩蔽GPS(GPS-RO)、電子密度プロー ブ(EDP)、電子温度プローブ(ETP)を搭載して、電離層における様々な現象を観測する予定です。また、GAIA-IIに当研究室オリジナルのセンサ である円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を搭載して、グローバル地殻変動を観測する予定です。このクリーンルームが平成25年度文部科学省の概算要求 (研究代表者:ヨサファット教授)で構築したものです。サイズ:W5,000mm x H 3,000mm x D 7,000mm
シート材料:ESD透明(補強繊維入り)
側面:出入り口(1,500mm x 1,500mm)
背面:中央ファスナー使用
フレーム材質:アルミフレーム
ファンフィルターユニット:4台
・清浄度:クラス10万(乱流方式)
・換気回数:20回/時間
・フィルター:HEPAフィルター・プレフィルタ両方