Anechoic Chamber

マイクロ波測定用電波無響室

 anechoicchamber Our anechoic chamber could operate in frequency range of 1 to 40 GHz (microwave) and size L6.6 x W4.0 x H2.4m. You could employ this facilities for radio wave environmental test, scattering experiment, antenna and microwave instruments including spaceborne instrument etc.
This facility was built by the support of The Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Grant-in-Aid for Scientific Research / Kagakukenkyuhi 2007 – Young Scientist (A) (No. 19686025), Development of circularly polarized Synthetic Aperture Radar to generate high precision image (PI : Prof Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, FY2007-FY2009)当研究室の電波無響室が周波数1~40GHz(マイクロ波)の範囲で使用可能で、寸法長6.6×幅4.0×高2.4mです。 この設備が電波環境試験、散乱実験、アンテナ・マイクロ波装置の試験、宇宙用装置の試験などに活用できます。この設備が研究代表ヨサファット教授によっ て、日本学術振興会からいただいた科学研究費若手研究(A)(No. 19686025)で構築されたものです。ヨサファット先生が当センターに配属になったときにはじめて構築したもので、これから様々なマイクロ波センサ、 小型衛星などの開発に必要不可欠なもので、まさにこれから歴史をつくるために必要な設備のひとつでございます。