Instruments

ヨサファット研究室の研究・教育用の設備

We always try to serve a complete and satisfied facilities for Microwave Remote Sensing research and study by installing high precision instruments for simulation, fabrication, measurement and applications for National-wide and International join researchs. We always aim higher science and technology to realize some microwave sensors for unmanned aerial vehicle and microsatellites. This satellites will be employed to investigate the relationship between ionospheric phenomenons and global land deformation.  We hope could reduce the victim by earthquake by monitoring the earthquake precursor by using our microsatellites. If you plan to hold a joint national or international research with our laboratory, please don’t be hesitate to contact Prof. Josaphat.

ヨサファット研究室がマイクロ波リモートセンシング分野における研究と教育に力を入れ、国内外の研究者と学生にマイクロ波設備と画像解析におけるシミュレーション、試作、測定、応用に充実した研究と教育環境を提供しています。また、当センターが全国共同利用共同研究施設として、皆様からの共同研究を実施しております。ヨサファット研究室がマイクロ波リモートセンシング分野により高き科学技術を実現するために、独自に小型衛星と無人航空機用の様々なマイクロ波センサを開発してきました。特に、現在当研究室が災害監視用の大型無人航空機と小型衛星を開発しており、近い将来電離層における様々な現象とグローバル地殻変動の関係を把握する予定でございます。この衛星によって、地震の前兆情報を把握できれば、被害を軽減できると期待しています。ヨサファット研究室の研究と教育活動にご興味の方がいらっしゃたら、ヨサファット教授までご遠慮なく声をかけていただければ幸いでございます。

Satellite Ground Station (人工衛星管制用地上局)

Groundstation2

Josaphat Microwave Remote Sensing Laboratory (JMRSL) operates satellite ground station in frequency of S band for command and telemetry, and X band for data mission downlink with diameter of 3.5 m. This facility was built by the support of The Japan Ministry of Education and Technology and Chiba University (PI : Prof Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, FY2013-FY2016)

当研究室が人工衛星管制用地上局をSバンド(コマンドとテレメトリ用)とXバンド(ミッションデータのダウンリング 用)を運用しています。アンテナの直径が3.5mであります。この設備が文部科学省と千葉大学の支援によって、研究代表ヨサファット教授が2014年12 月22日に設置されました。

Anechoic Chamber for Microwave Measurement (マイクロ波測定用電波無響室)

anechoicchamber

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Our anechoic chamber could operate in frequency range of 1 to 40 GHz (microwave) and size L6.6 x W4.0 x H2.4m. You could employ this facilities for radio wave environmental test, scattering experiment, antenna and microwave instruments including spaceborne instrument etc.
This facility was built by the support of The Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) Grant-in-Aid for Scientific Research / Kagakukenkyuhi 2007 – Young Scientist (A) (No. 19686025), Development of circularly polarized Synthetic Aperture Radar to generate high precision image (PI : Prof Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, FY2007-FY2009)

当研究室の電波無響室が周波数1~40GHz(マイクロ波)の範囲で使用可能で、寸法長6.6×幅4.0×高2.4mです。 この設備が電波環境試験、散乱実験、アンテナ・マイクロ波装置の試験、宇宙用装置の試験などに活用できます。この設備が研究代表ヨサファット教授によっ て、日本学術振興会からいただいた科学研究費若手研究(A)(No. 19686025)で構築されたものです。ヨサファット先生が当センターに配属になったときにはじめて構築したもので、これから様々なマイクロ波センサ、 小型衛星などの開発に必要不可欠なもので、まさにこれから歴史をつくるために必要な設備のひとつでございます。

 

Simple Clean Room for Microsatellites Development (小型衛星開発用簡易クリーンルーム)

cleanroom

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Josaphat laboratory has simple clean room with size L7m, W5m, H3m for microwave sensors onboard microsatellite development. In FY 2013 to FY 2016, Josaphat Laboratory develops two microsatellite (GAIA-I and GAIA-II) for Ionospheric and global land deformation. GAIA-I is 50 kg class of microsatellite with payload is GNSS Radio Occultation (RO), Electron Density Probe (EDP) and Electron Temperature Probe (ETP) for Ionospheric observation. GAIA-II is 70 kg class of microsatellite with payload is our original circularly polarized synthetic aperture radar (CP-SAR) for global land deformation monitoring. This clean room was designed for large antenna deployment test too. This project is supported by Japanese Government National Budget (Special Budget for Project) FY 2013, “Integrated Earth Environment Diagnosis Program : Continental Scale Land Deformation Observation using Small Satellite Constellation,” PI: Prof. Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 1 April 2013 – 31 March 2017.ヨサファット研の簡易クリーンルームが寸法L7m, W5m, H3mで、マイクロ波センサなどを搭載する小型衛星を開発するために、構築しました。ヨサファット研が、平成25年度~平成28年度に電離層とグローバル 地殻変動を観測するための2基の小型衛星(GAIA-IとGAIA-II)を開発しています。GAIA-Iに掩蔽GPS(GPS-RO)、電子密度プロー ブ(EDP)、電子温度プローブ(ETP)を搭載して、電離層における様々な現象を観測する予定です。また、GAIA-IIに当研究室オリジナルのセンサ である円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)を搭載して、グローバル地殻変動を観測する予定です。このクリーンルームが平成25年度文部科学省の概算要求 (研究代表者:ヨサファット教授)で構築したものです。

 

Radar Calibration System / Synthetic Aperture Radar (SAR) Ground Test Measurement Systems (レーダカリブレーションシステム・合成開口レーダ地上測定システム)

Josaphat Laboratory Ground Equipment

Josaphat Laboratory Ground Equipment

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Josaphat Laboratory collaborate with Device Corporation to develop our original radar calibration system to test our synthetic aperture radar (SAR) system, including hardware test and ground image signal processing. This system could move horizontally with 0.1mm precision. We employ this system for point target generation etc. This project is supported by Japanese Government National Budget (Special Budget for Project) FY 2013, “Integrated Earth Environment Diagnosis Program : Continental Scale Land Deformation Observation using Small Satellite Constellation,” PI: Prof. Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 1 April 2013 – 31 March 2017.ヨサファット研究室がデバイス社と協力をいただき、当研究室の合成開口レーダ(SAR)の地上実証実験用の装置を開発しました。このシステムに よって、ポイントターゲットによる実験、ハードウェアまたはRFシステムの実験、SAR画像信号処理などの実験をすることができます。このシステムが 0.1mmの制度で動作することができます。このシステムが、文部科学省の平成25年度の概算要求(研究代表者:ヨサファット教授)で構築しました。

 

High Precision Synthetic Aperture Radar (SAR) and Microsatellites Components Manufacturing Machine (合成開口レーダ・小型衛星素子の高精度加工機) New !

20131030FabricationMachine

Josaphat Laboratory has high precision (+- 5 micron meters) microwave device manufacturing machine to develop our original synthetic aperture radar (SAR) and microsatellite components. This project is supported by Japanese Government National Budget (Special Budget for Project) FY 2013, “Integrated Earth Environment Diagnosis Program : Continental Scale Land Deformation Observation using Small Satellite Constellation,” PI: Prof. Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 1 April 2013 – 31 March 2017.

ヨサファット研究室が合成開口レーダ(SAR)と小型衛星の素子を開発するための高精度(±5ミクロン)のマイクロ波回路デバイスの試作システムを所有しています。このシステムが、文部科学省の平成25年度の概算要求(研究代表者:ヨサファット教授)で構築しました。

Large Scale Unmanned Aerial Vehicle (JX Series) (大型無人航空機(JXシリーズ)
UAV photo
Josaphat Laboratory develops Josaphat Laboratory Experimental Unmanned Aerial Vehicle (UAV). We plan to develop four UAVs in JX Series for ground test of L, C, X and Ku bands UAVs in the future. We already have realized JX-1, and development of JX-2 is in progress. JX-1 and JX-2 will be used for tandem mission of UAV SAR experiment in the near future. This JX series is employed for ground test of several sensors before we install on our microsatellites.
This project is supportted by several research grants, including Japanese Government National Budget (Special Budget for Project) FY 2013, “Integrated Earth Environment Diagnosis Program : Continental Scale Land Deformation Observation using Small Satellite Constellation,” PI: Prof. Josaphat Tetuko Sri Sumantyo, 1 April 2013 – 31 March 2017.

ヨサファット研がヨサファット研究室実証実験用大型無人航空機(UAV)を開発しました。現在、当研究室がL、C、X、Kuバンドの合成開口レーダを搭載できる無人航空機JXシリーズを開発しています。この中に、既にJX-1が完成しており、現在JX-2を構築中です。近い将来、このJX-1とJX-2でタンデムミッションをしゅる予定です。このJXシリーズの無人航空機に様々なセンサを開発と試験をしており、将来このセンサが当研究室で開発中の小型衛星に搭載する予定です。JX-2と無人航空機が文部科学省の平成25年度の概算要求(研究代表者:ヨサファット教授)で構築しました。

 

Microwave Measurement Systems (マイクロ波測定システム)

20130712PNANetworkAnalysis

Agilent PNA Vector Network Analyzer E8364C (10 MHz to 50 GHz) ネットワークアナライザ

20071025VNAAgilentE5062A

Agilent E5062A (ENA-L RF Vector Network Analyzer) 300kHz ~ 3 GHz ネットワークアナライザ

20130712VegetationMicrowaveSystem

Network Analyzer for scattering test of vegetation ( ~ 12 GHz) ネットワークアナライザ

20100203EXASignalAnalyzer

Agilent EXA Signal Analyzer N9010A, 9 kHz – 3.6 GHz シグナルアナライザ

20100203VectorSignalGeneratorN5182A

Agilent Vector Signal Generator N5182A, 100 kHz – 3 GHz 信号発生器

20130712Oscilloscope RTO1044 Rohde&Schwarz

Oscilloscope RTO 1044  Rohde & Schwarz オシロスコープ

20120604DielectricConstantKit

Dielectric Probe Kit 85070E, 200 MHz to 50 GHz 比誘電率測定器

20110423Etchingchamber

UV Illuminator for large Microstrip Antenna Fabrication マイクロストリップアンテナ加工機

Fabrication

Microwave devices fabrication machine (MITS etc) マイクロストリップアンテナ加工機

20090222CornerReflector

Corner reflector for L band Synthetic Aperture Radar (SAR) Lバンド合成開口レーダコーナーリフレクター(CR)

Standard Antennas (標準アンテナ)

 20090401OpenBoundaryQuadRidgedHorn_small

Open Boundary Quad Ridged Horn (2 Units) 直線偏波アンテナ

20090123SARMeasurement

ETSLindgren

Conical Log-Spiral Antennas 3102L and 3102R (LHCP and RHCP) 円偏波アンテナ

 20091202GPSTest

High Precision Geodetic Leica GPS1200 (3 units) 高精度測量用GPS

 

Softwares (ソフトウェア)
ANSYS HFSS  高周波3次元電磁界解析ソフトウェア
IE3D 高周波2.5次元電磁界解析ソフトウェア
FEKO 電磁界解析用の統合ソフトウェア
Ansoft Designer 電磁界・電子回路&システム統合設計環境
Matlab
National Instrument Developer Suite include Labview PDS