Microsatellites

Development of Microsatellite 小型衛星開発

OBC
Fig.1 Development of Onboard Computer (OBC) for Josaphat Laboratory Microsatellite GAIA-I
図1. ヨサファット研の小型衛星GAIA-I用のオンボードコンピュータ(OBC)の開発

Josaphat Microwave Remote Sensing Laboratory (JMRSL) of Center for Environmental Remote Sensing (CEReS), Chiba University develops two microsatellites named GAIA-I and GAIA-II.

GAIA-I is originally developed by JMRSL collaborate with researchers of Kyoto University, JAXA, Taiwan National Cheng Kung University, Chiba University etc to observe the Ionospheric phenomenon using GNSS-Radio Occultation, Electron Density Probe (EDP), Electron Temperature Probe (ETP) etc. Hopefully this microsatellite could investigate the relationship between Earthquake and Ionospheric phenomenon.

GAIA-II  is developed by JMRSL and Indonesian National Institute for Aeronautics & Space (LAPAN) to observe global land deformation using our original Circularly Polarized Synthetic Aperture Radar (CP-SAR). This microsatellite is challenging technology to realize synthetic aperture radar (SAR) onboard microsatellite by development of lightweight and small spaceborne antenna and SAR RF system.

 

現在、千葉大学環境リモートセンシング研究センター・ヨサファット研究室が2基の小型衛星、GAIA-IとGAIA-IIを開発しています。

GAIA-I小型衛星:この小型衛星がヨサファット研と京都大学、JAXA、台湾国立中央大学、千葉大学、米国・UCARなどを協力して掩蔽GPS(GNSS-RO)、電子密度プローブ(EDP)、電子温度プローブ(ETP)などのセンサを搭載する小型衛星で、電離層の様々な現象を調査する予定です。この小型衛星によって、将来グローバル地殻変動と電離層の現象の関係を把握して、大型地震の前兆が把握できると期待しています。

GAIA-II小型衛星:この小型衛星が千葉大学独自に開発したLバンド円偏波合成開口レーダ(CP-SAR)センサを搭載する小型衛星です。この小型衛星の開発が、インドネシア航空宇宙局(LAPAN)と共同で開発しています。ここで、小型衛星にLバンド合成開口レーダ(CP-SAR)センサを搭載するために、センサの小型化、軽量化などのチャレンジな様々な技術を開発しています。将来、このCP-SAR搭載小型衛星にによって、グローバル地殻変動をマッピングする予定です。ここで、干渉微分合成開口レーダ(DInSAR)、PS-InSARなどの技術も開発しています。