Prof Josaphat Class in QBall – Chiba Science Museum

As contribution of Josaphat Laboratory (JMRSL) for community, Prof Josaphat gave lecture related “how to observe disaster precisely using microwave remote sensing sensor” at QBall Chiba Science Museum on 27 January 2018 13:00-14:30.  He introduced the UAV, Aircraft and Microsatellite onboard synthetic aperture radar (SAR) that developed in Chiba University. The SAR sensor is all weather radar that could penetrate cloud, fog and haze. Hence SAR sensor is good sensor to observe disaster precisely. [Link]

大人が楽しむ科学教室 千葉の空② 災害をいかに高精度で観測するか:マイクロ波リモートセンサの開発

日時:2018年1月27日(土) 13:00~14:30
会場: 千葉市科学館 10階探究実験室
主催: 千葉市科学館
【講師】ヨサファット テトォコ スリ スマンティヨ (千葉大学大学院 教授)

【概要】
当研究室では、グローバル災害監視のために、航空機と小型衛星搭載用のマイクロ波センサまたは合成開口レーダ(SAR)とその応用開発をしています。このSARは雲、霧、煙などを通り抜けることができ、雲があっても夜になっても関係なく観測できます。すなわち、24時間全天候型のセンサであるのが最大の利点です。このSARで、土砂崩れ、火山噴火、活断層などのような地殻変動を高精度で観測して、公共機関のインフラ、住宅などを監視して、安全安心な社会の実現に貢献します。