The 15th SAR Workshop at Universiti Tenaga Nasional, Malaysia

第15回SAR画像信号処理ワークショップとマレー半島土砂崩れの監視
The 15th SAR Workshop at Universiti Tenaga Nasional, Malaysia and landslide monitoring at Malay Peninsula

12010752_10206495085670352_7416205969952151853_o 12017444_10206495085790355_2973042726606656079_o
図1.ヨサファット教授がSARワークショップを実施した様子
Fig.1. Prof Josaphat gave SAR Workshop

Fig02 Cameron Highland
図2.マレー半島・カメロン高原に発生した土砂崩れとPS-InSARによる土砂崩れの監視結果
Fig.2. Result of landslide monitoring at Cameron Highland, Malaysia using PS-InSAR Technique

Prof. Josaphat gave one day lecture as The 15th SAR Workshop at Administration Building 4F, Universiti Tenaga Nasional (Uniten), Putrajaya, Malaysia. The staffs, graduate students and students of JICA Malaysia Office, Universiti Sains Malaysia (USM), Universiti Tenaga Nasional (Uniten), Multimedia University (MMU), Universiti Putra Malaysia (UPM), Minerals and Geoscience Department of Malaysia etc participated in this Workshop. This workshop was held as one activities of Japan Science and Technology Agency (JST) – Japan International Cooperation Agency (JICA),  Science and Technology Research Partnership for Sustainable Development FY 2010, “Research and Development for Reducing Geo-Hazard Damage in Malaysia caused by Landslide & Flood Use of Satellites to Predict and Reduce the Occurrence of Landslides and Flooding”.  This workshop explained the basic SAR image processing using Range Doppler Analysis (RDA) to process raw data of SAR image to generate single look complex image, then employ it for several applications, including application to monitor land deformation, i.e. landslide. This technique already has employed to monitor land deformation (landslide) that occurred along Malaysian East West Highway, Cameron Highland etc.

2015年9月16日にマレーシア・プトラジャヤのAdministration Building 4F, Universiti Tenaga Nasional (Uniten)で、当センターのヨサファット教授が第15回SAR画像信号処理ワークショップを実施しました。このワークショップに、JICAマレーシア支局をはじめ、Universiti Sains Malaysia (USM)、Universiti Tenaga Nasional (Uniten)、Multimedia University (MMU)、Universiti Putra Malaysia (UPM), Minerals and Geoscience Department of Malaysia等の研究員、大学院生、学部生などが参加しました。この講習会はヨサファット教授がグループ1のリーダーとして推進している独立行政法人科学技術振興機構 防災研究分野「開発途上国のニーズを踏まえた防災科学技術」 平成22年度 地球国際「開発途上国のニーズを踏まえた防災科学技術」(防災分野)”マレーシアにおける地すべり災害および水害による被災低減に関する研究”の事業の一環として実施しました。この講習会に、合成開口レーダ(SAR)の画像信号処理の基礎から応用まで説明しました。SAR画像の生データからレンジドップラーアルゴリズム(RDA)手法によって画像の生成を紹介してから、JICA JST SATREPS事業のテストサイトであるマレー半島におけるカメロン高原、東西高速道路等における土砂崩れの監視事例として恒久的な散乱点を用いた合成開口レーダー干渉計測(PS-InSAR)の解析結果を紹介した。この結果から高速道路、高圧送電線の鉄塔などの周辺における土砂崩れを監視し、災害防止としてマレーシア政府に活用する予定であります。